建物そのものについては注文住宅と建売住宅があります。注文住宅とはハウスメーカーや工務店などと一緒に好みに合った家を1から作り上げていく住宅です。自分たちの希望する外装・内装・間取り・家のデザイン・キッチンやバスルーム・空調などの機能面も細かくカスタマイズすることが可能です。1から作り上げると思うと気の遠くなるような作業にも思えますが、セミオーダーのようないくつかのパターンから好きなタイプを選んで行くという注文の仕方もあります。最初にベースのパターンを選んで、オプションのように自分好みにカスタマイズしていくというのが一般的なのではないでしょうか。とことんこだわりたい人は、デザイン事務所などに依頼して、独創的な家を設計してもらうという選択もできます。この注文住宅の場合、購入代金を建設の要所要所で何回かに分割して、最後に全額を支払うという形で支払いをするため、その都度まとまった購入資金を用意することが必要となります。出来上がった時点でローンを組んで一括で支払うことが通常できないので、注意する点となります。

建売住宅は建物は工務店やハウスメーカーがデザイン・設計をして完成したものを販売する住宅で、主に土地と建物をセットにして売りに出されるのが一般的です。未開の土地を新たに新興住宅地として整備して、大量の区画を販売する際や、住宅地の中の1区画にまとめて家を建てる際などに建売住宅を建てることが多いです。ハウスメーカー等によってパターン化された住宅を建てるため、購入を決める時期にもよりますが、カスタマイズもほとんどできない形式となります。立てている途中に購入を決めれば、屋根の色や玄関回りなど、少しはカスタマイズすることも可能なようです。また、土地と建物を別々に購入する場合より価格設定が低い場合が多く、また、支払も入居前に一括で支払う場合が主ですので、頭金が少なくても(なくても)物理的にはローンを組めば即購入できるのが特徴となります。

中古・新築不動産売買、建替え、注文住宅、リフォームならこちら
福屋のご紹介

次にマンションや中古住宅と比較した場合の「新築一戸建て」のメリットとデメリットについてまとめてみることにしましょう。

毎日の健康のために有益な亜鉛情報がここにあります。

健康のためにルテインについて知りましょう。

このサイトでルテインを体のために生かす