・遮音性の問題隣と壁一枚で隔てられているマンションで一番気になるのが、音の問題でしょう。最近では遮音性に優れた構造で建てられるのが一般的だとは思いますが、壁の厚みや床と天井の間の空間など、近隣の住人の生活音が聞こえないように作られているかを確認した方がよいでしょう。また、寝室の横や上下が別の部屋のトイレやキッチンとなっている場合もあるので、周りの部屋の間取り図を見ておくとよいでしょう。水周りの音は夜中だと結構響きます。・現物を見て買えないほどんどの新築マンションが、建物が出来上がる前に販売をする「青田売り」で販売されます。棟内または別の場所にあるモデルルームで部屋の間取りを確認して購入するので、実際に自分のが住む部屋の窓からの眺めや、下の道路からの騒音がどの程度のものなのか等、確認できません。・管理状態がわからない新築ですので、住人が決まっておらず、購入後に管理組合を組織するため、中古マンションや賃貸マンションのように管理の現状というものがありませんので、実際にどのように管理されていくのか確認ができません。・管理費、修繕費積立金、駐車場代が別途必要マンション購入でローン以外に入居当初から毎月発生する費用として、この3つがあります。地域やマンションによって額は違うかと思いますが、万単位での上乗せ費用が掛かることは注意しておきたいポイントだと思います。また、この費用はローンを払い終えても所有している限りずっと払わなければいけない費用なので、マンションの価格によっては同地域の一戸建てよりも高くつく場合もあります。

このサイトならDHA EPAの成分情報などを知る事ができます。

車好きのためのサイト
中古車情報のCarholic Navi