新築一戸建てのメリット

・周りを気にせず生活できる一番の特徴となるのが、壁1枚で隣と隔てられているわけではなく、敷地が区切られていることでしょう。音についても上下や隣を気にすることもなく生活できるのではないでしょうか。犬の鳴き声やピアノの音などマンションでは敬遠されそうな音でも、一戸建てであればある程度許容されているような気がします。もちろん人によるとは思いますが。・土地を所有できるこれも一戸建てを取得する場合の大きなメリットと言えるでしょう。土地を所有していれば、家が古くて住みにくくなれば、建物だけ立替をすればよく、マンションのように丸ごと買いなおす必要がありません。また自分たちの代だけではなく、子供や孫に土地を残すことができます。次の代は、そのままの建物に暮らすもよし、新しくその土地に新築するもよし。次の代からは上物だけ購入すればよいの、家計としてみると住宅にかかる費用を抑えることができます。・カスタマイズやリフォームが幅広くできる注文住宅の場合は、先にも触れたように新築する時点で自分の生活スタイルや好みに合わせて、デザインや機能をカスタマイズすることができます。また、注文・建売にかかわらず、工法や建築条件にもよりますがリフォームも比較的自由にすることができます。子供が増えて広い部屋を二部屋にしきったり、親と同居することになってもう一部屋増築したり、庭にウッドデッキやサンルーフを作って部屋のように使うこともできます。・駐車場代がいらない一戸建ての場合、敷地内に駐車場を確保できるため、別途駐車場代を支払う必要がありません。自分のライフスタイルに合わせて、予め必要な台数分の駐車スペースを確保しておけばよいのです。・夢の庭付き一戸建て少し古い話かもしれませんが、「庭付き一戸建て」は皆さんにとって一度はあこがれるものではないでしょうか。特に環境の良い土地でのびのびと子育てをしたい、老後はガーデニングや家庭菜園などをしてのんびりしたいなど、広い庭のある一戸建てでの暮らしは、都会のマンションにはない自然との共生のようなイメージもあるかと思います。

練馬で新築一戸建てを考える

新築一戸建てのデメリット

・価格が比較的高い同じ地域で一戸建てとマンションの価格を比較すると、一戸建ての方が割高となる場合が一般的です。やはり土地と建物の両方の代金が必要となるからでしょう。・駅から離れた場所にあることが多い都心や駅から近い地域なども、土地が売りに出されていれば一戸建てを建てることはできますが、なかなかタイミングよく見つけるのは難しいでしょうし、また交通の便の良いところは地価も高いですので、購入額はぐっと上がります。通常、駅からバスを利用するなど、中心部から少し離れた郊外や田舎に住宅地が存在する場合が多いです。そうなると毎日の通勤時間が余分にかかったり、車が必要になったりと、アクセス面に関しては不便なこともあります。・庭や外溝の手入れが大変一戸建て特有の作業として庭や外溝のお手入れが必要となります。庭や駐車スペースの草抜きや植木のカット、またウッドデッキなどがある場合は防腐塗料を定期的に塗るなど、外観をきれいに保つためにはお手入れは欠かせません。

このように代表的なメリットとデメリットを挙げてみましたが、他にも人それぞれ浮かんでくるメリットとデメリットがあるかもしれませんね。デメリットも踏まえた上で「一戸建て」という選択をするのが、後悔しないマイホーム購入のカギとなるのではないかと思います。

アスタキサンチンの効果や効能について