中古マンションのメリット・デメリット

マンションについてのメリット・デメリットは「新築マンション」のページを参考にしてみてください。ここでは、中古マンションならではの特徴についてまとめてみたいと思います。マンションについても一戸建てと同じく中古の方が購入費用を抑えることができるのは見当がつくと思いますが、マンションの場合もう一つ中古で買う大きなメリットがあります。それは、物件数が圧倒的に多いという点です。人気のある駅の周辺地域など、新築マンションが入り込む土地が内容な場所でも中古であれば販売されているというケースです。内装などをリフォーム後に販売している物件もありますので、好きな町に住みたい場合や利便性の高い町に住みたい場合など、好みの地域に新築物件がない場合は中古マンションを探してみるという選択もありなのではないでしょうか。もちろん、デメリットもありますので、そこも把握しておくとよいでしょう。マンションの場合、土地が区分所有権という形で所有しているので、土地の資産価値が大きく上がることはありません。ですので、購入した価格より高く売れるということはよほどの場合でなければないのです。また、中古マンションは新築マンションに比べて管理費や修繕積立金が高いのが一般的です。築年数にもよりますが新築の3倍程度になることもあります。建物が古くなれば劣化が進み管理や修繕などに費用がかかるのでやむをえませんが、ローン返済と合わせてどれくらいの出費となるか計算しておくことは必須だと言えるでしょう。

グルコサミンの特集サイト
こちらのサイトでグルコサミンの情報はばっちり

核酸についてのWebサイト
効果や効能、食品情報などについて