中古一戸建てのメリット・デメリット

一戸建てとしてのメリット・デメリットは「新築一戸建て」のページを参考にしていただくとして、中古ならではの特徴について簡単にまとめてみようと思います。新築を購入するより価格・費用を抑えられる中古一戸建てですが、やはり中古ですので住宅の状態をよく確認したいものです。見ただけではわからない部分の劣化があるとリフォーム費用が高くつく場合もあります。また、増改築を考えているのであれば、建物の構造についても詳しく説明を受けておかないと、思っていた増改築ができない場合もあります。住宅の状態をきちんと把握して購入すれば、中古住宅のメリットもたくさんあります。先に触れたように、購入費用が少なくてすむので貯蓄をする余裕ができたり、将来のライフスタイルに合わせて住み替えをしたりすることも可能でしょう。新築に比べて建物の値下がり幅が小さいので、売却時に大きな落差とならないこともメリットと言えるでしょう。

体のために必要なヒアルロン酸はこれ
ヒアルロン酸の情報を特集します

毎日の健康のために有益なアスタキサンチン情報がここにあります。